美白を目指すにはシミが出来るまでの過程を知ることが大切です!

シミ化粧品 > シミ化粧品~シミができるまでのプロセス~

シミ化粧品~シミができるまでのプロセス~

シミができるとどうしても気になってしまいます。たった一つのシミが顔にできただけで憂鬱な気分になりますし、どうやって隠そうかと頭を悩まされることになります。では、なぜシミができるかご存知でしょうか?それは、皮膚が紫外線を浴びるとシミができやすくなるのです。
顔のシミ取り、レーザー治療は怖いの?

誰でも皮膚の中にメラノサイトという細胞を持っていますが、紫外線を浴びることにより、これがメラニンに変化します。これは、人間の体にとって有害な紫外線から体を守るために必要な反応なのです。 でも、紫外線を浴びたすべてのお肌にシミができるわけではありません。

メラニンが作られても、お肌のターンオーバーによって古い細胞がはがれ落ち、新しい細胞が出現すればシミにはなりません。お肌のターンオーバーは通常45日ほどで完全に新旧の細胞が入れ替わります。

まずお肌の基底層にあった細胞が28日程度で角質層に上がっていきます。そしてさらに2週間ほどで垢となってはがれ落ちていきます。このターンオーバーにより、次々と新しい細胞が表面に出てくるため、 いつも潤いを保ったみずみずしい素肌でいられるのです。

でもこの流れがうまくいかないと、さまざまな皮膚トラブルに悩まされることになってしまいます。紫外線を浴びることにより作られたメラニンが、排出されることなく皮膚の内側に残ってしまうのです。 すると徐々にシミとなってしまいます。
スイサイ

つまりシミとは、メラニンが作られた後、それが排出されずに皮膚内に残ったためにできるということになります。ではお肌のターンオーバーがうまくいかなくなる理由とは一体何でしょうか?

その理由はさまざまです。若い頃はきちんとお肌が生まれ変わっていたのに、年齢を重ねるとこの働きがうまくいかなくなることがあります。誰でも年齢と共にシミができやすくなるので、ある程度は仕方がないことでもあります。

また若い人でも、生活が不規則だったりしてターンオーバーがうまくいかなくなり、シミができることがあります。